このページをみんなに教えてあげる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

過多月経の治療の種類

病気に合った治療法をご紹介 過多月経の治療の種類

知っておきたい様々な治療法

知っておきたい様々な治療法

過多月経や、その原因となる子宮筋腫、子宮腺筋症、子宮内膜症の治療には、ホルモン剤などを使用する薬物療法と、手術などの外科的療法があり、症状や妊娠の希望などを考慮して選択されます。

薬物療法

IUS(子宮内黄体ホルモン放出システム)

IUS(子宮内黄体ホルモン放出システム)

IUSとは、Intra Uterine Systemの略で、黄体ホルモンを子宮の中に持続的に放出する子宮内システムです。子宮の中に入れて使用します。子宮内膜に直接使用して、増殖を抑えることにより経血量を減少させたり、月経痛を緩和します。月経期以外の出血などが見られる場合があります。一度挿入すると最長で5年間効果が持続します。2014年9月2日から過多月経治療の保険適用、2014年11月18日に月経困難症治療の保険適用が加わりました。

※IUSによる避妊については「避妊のススメ」をご覧ください。

IUSの作用メカニズム

IUSは、黄体ホルモンが子宮の中で持続的に放出されることで、子宮内膜に直接作用して、子宮内膜の増殖を抑えます。一度装着すると最長5年間効果が持続します。

子宮内膜の変化

卵胞・黄体ホルモン混合剤

卵胞・黄体ホルモン混合剤

卵胞・黄体ホルモン混合剤は卵胞ホルモンと黄体ホルモンを含んでおり、月経困難症に適応を持つものや避妊の適応を持つOC(ピル)と呼ばれるものなどがあります。女性ホルモンの分泌を抑え、排卵と子宮内膜の増殖が抑制されることにより経血量を減少させたり、月経痛を緩和します。吐き気、頭痛などがみられることがあります。また、重い副作用として血栓症に注意が必要です。

黄体ホルモン製剤

黄体ホルモン製剤は、子宮の病気がある場合に使用されます。子宮内膜の増殖を抑えます。また、病巣に直接働き病巣を小さくします。子宮内膜の増殖を抑えることにより経血量の減少や月経痛を緩和します。月経時期以外の出血などが見られる場合があります。

黄体ホルモン製剤

GnRHアナログ製剤

GnRH製剤は子宮の病気がある場合に使用されます。女性ホルモンの分泌を抑え、月経と排卵を止め、一時的に閉経状態をつくることにより病巣を小さくします。その結果、経血量の減少や月経痛を緩和します。更年期障害(のぼせ、ほてり等)に似た症状がみられることがあります。通常6ヶ月間続けて使用します。

ダナゾール製剤

ダナゾール製剤は子宮の病気がある場合に使用されます。女性ホルモンの分泌を抑え、月経と排卵を止め、一時的に閉経状態をつくります。また、病巣に直接働き病巣を小さくします。ひどい下腹部痛や腰痛等の症状を緩和しますが、肝障害、ニキビ、体重増加などが見られることがあります。通常4ヶ月間服用します。


外科的療法

手術には病巣だけを摘出したり焼いたりする保存手術と、子宮、あるいは子宮・卵巣を摘出する根治手術とがあります。以前はお腹を切る開腹手術が一般的でしたが、最近では内視鏡(腹腔鏡、子宮鏡)を利用した、体への負担の少ない手術が増えています。 子宮内膜症や子宮筋腫で行われる腹腔鏡の手術では、おへその周りに数か所穴をあけ、腹腔鏡や器具を挿入し病巣を摘出します。 子宮内膜に対して直接おこなう治療としては、子宮内膜掻把術や子宮内膜焼灼術などがあります。

子宮内膜掻爬術

急性の大量出血の処置として、子宮内膜をかき出すことにより出血を止める治療法です。一度治療を行っても1~2周期で再発するため、実施後は薬物療法を行う必要があります。

子宮内膜焼灼術・マイクロ波子宮内膜アブレーション(MEA)

子宮内膜を焼く装置を腟から子宮内に挿入し、子宮内膜をマイクロ波の熱で直接焼いて固まらせることにより経血量を減少させる治療法です。治療前後の子宮内膜の状態は子宮鏡で確認します。将来的に妊娠の希望がある場合には使用できません。

その他の療法
薬物治療には、血液の状態を調整するトラネキサム酸や、月経痛などの痛みを一時的に抑える鎮痛薬、漢方薬なども使用されています。子宮筋腫の外科治療には、足の付け根から動脈に細い管(カテーテル)を通し、筋腫に栄養を送る動脈を詰まらせ血液の流れを断つことで筋腫を小さくする治療法*も用いられる場合があります。

*保険適用外です

今すぐ婦人科へ行こう

生理に関するカラダやココロの不調に、オススメしたい先生がいるんだ。婦人科検索はこちらから 今すぐ検索する